戦国/晩節を汚す

2010.02.11 Thursday 22:22
0

    人間誰しも老いが来る。これは誰しもが避けられない事実だ。

    老いと共に心身の衰えと、呆けや病気の恐れがやってくるわけだが、人格や行いが変わってしまうというのもある。
    勿論、戦国時代に名将と呼ばれた武将達についても同様だ。

    今回は、華々しい活躍をあげて名将と呼ばれたが、老いてから晩節を汚してしまった者の一例を紹介してみたい。


    こたび取り上げるは、豊臣秀吉と長宗我部元親・・・。

    (両将のファンの方は、以下の文章は読み飛ばしてください。)


    <豊臣秀吉の場合>

    信長の家臣、木下藤吉郎という名の下級武士からスタートし、重臣となって羽柴秀吉、天下人となって豊臣秀吉と名を変えた秀吉だが、ジャパンドリームを掴んだ彼の出世物語は人気が高いようだ。主信長の死に際し、宿敵毛利家との間で速やかに和約を取り、当時としては神業的なスピードで京都へ行軍して明智光秀を討伐。ライバル柴田勝家を北陸に滅ぼした上で信長の孫を傀儡に担ぎ上げて実質的な織田家の支配者に一気に成り上がるところは正に彼の真骨頂だ。その後も四国の雄の長宗我部氏、九州の雄の島津氏を蹴散らし、小田原城に篭って抵抗する北条氏を滅ぼし、信長も成れなかった天下人になった。

     

    念願の天下統一となった訳で、ゲームならWINで終了のはずである。

    本来なら日本中の戦場に駆り出された民兵たちもやっと家族の待つ家に戻って貧しくとも幸せな生活が待っているはずだったが、老いた太閤にはそんな発想はなかったようだ。

     

    家臣に与える領地が無いと朝鮮に強引に侵略戦争を引き起こし、全国の大名達を朝鮮に送り込んだのである。(文禄の役、慶長の役)

    多くの人が異国の地で戦死や病死をし、多額の戦費が発生して各国の財政を苦しめた。

    その為、秀吉に憤りや恨みを感じて、関が原の合戦で徳川方に付いた者も多かったろう。

    天下統一した豊臣家が実質的に秀吉の一代で滅亡した一因はこれもあるのではないか。

     

    あれほどのめりこんだ千利休にも従わなければ死を与え、念願の子供(秀頼)が出来ると、養子に迎えて関白職を与えていた豊臣秀次とその妻子達を徹底的に抹殺した。秀次の行いに問題があったからとしたが、罪も無いはずの妻や次女達、女という女を皆殺しにしていることから、自分の実子可愛さに秀吉が血迷って濡れ衣をでっち上げたことは明白だ。

    五奉行職、五大老職などを作り諸大名を要職に就けたが、結局、長期政権の磐石な基盤を作ることは出来ず、後に豊臣秀頼を滅ぼす徳川家康に後事を託すしかないというのは天下統一した英雄の終焉としては、あまりにお粗末な終わり方だった。

    一説には秀頼は秀吉の実子ではなく、淀君の浮気相手の子供とも言われる。それが本当ならば更に哀れとしか言えない名将ではないか。

     

    <長宗我部元親の場合>

    長宗我部元親は四国土佐(高知県)の戦国大名である。子供の頃はひ弱く姫若子と囁かれたが、父国親が無念の死を迎え、家を継いでからは一両具足と呼ばれる半農半兵の民兵を従えて破竹の活躍をし、土佐統一、そして念願の四国統一を成し遂げた。吉良親貞、香宗我部親泰といった有能な弟達の存在も大きかったが、元親自身の統率力の高さを物語っているだろう。地味な彼だが根強いファンがいる所以だ。

    しかし、まもなく前述の秀吉の大軍に攻め込まれ、奮戦したものの折角攻め取った領国(讃岐、阿波、伊予)は奪い取られ、土佐一国しか残してもらえなかった。

    それからは秀吉配下の大名になってしまったわけだが、秀吉から九州の島津氏攻めに参加するように命じられ、秀吉の配下で軍監の仙石秀久、元親のライバルだった讃岐の十河存保らと遠征をすることになる。この戸次川の戦いで愚将秀久の暴走から島津氏オハコの釣り野伏せの策に引っ掛かり、存保と元親の嫡男信親らが戦死してしまう。(秀久は元親らを放置して真っ先に自らの領国讃岐まで逃亡したため秀吉に改易された。)

    可愛がっていた長男を失った失意の思いから、元親は急速に老いが進みおかしくなる・・。

    自身の四男の盛親に執着して溺愛し、強引に世子とすると共に、野心家の家臣(久武親直)を重用して好きにさせる。

    親族・重臣達は揃って不満を述べ、家督は兄弟の序列に沿って次男或いは三男に与えるべきと意見したが、元親は激怒して弟親貞の子(吉良親実)や従兄弟(比江山親興)ら有力親族に切腹を命じた上で、寺に逃げ込んでいた彼らの妻子を殺害。更に彼らの親族、縁者、家臣などを次々と皆殺しにしていった。

    次男の親和は父親の狂気に怯えて自殺(元親による毒殺説もある)。更に元親は三男親忠を幽閉してしまう。

    こうして、四国統一の名将だった元親は一転して残忍なる鬼畜に成り下がったわけだ。

     

    彼の死後、家を継いだ盛親も狂気の血を継いでいたのか、関が原の戦いの後、以前から幽閉されていた兄親忠を殺害したために家康から土佐の国すらも没収されてしまい、大名家としての長宗我部氏は滅んでしまう。その後、盛親は大阪夏の陣に参戦したものの敗れて4人の男児と共に打ち首、三条河原に晒し首となる。長宗我部氏嫡流は血統も完全に絶えてしまうのであった。

     

    老いた元親の行いは、結局、長宗我部家そのものを滅亡させることになってしまった。失意の末とはいえ、やはり哀れな名将であった。

     

    秀吉、元親ファンの方々には大変な非礼をお詫びします。

    元親については、秀吉に一生をかけて成した四国統一の覇業を奪われた上に、溺愛していた嫡男の死、妻の死が続けて訪れた為に精神を病んでしまったのではと思います。

    私も昔は好きな武将だったのですが、悲しいことですね。

    ちなみに漫画「焼きたて!!ジャぱん」にて土佐から「長宗我部真」という人物が登場するのには笑ってしまいました。
    (直ぐに負けちゃうんですけどね。)

    category:戦国雑文独断記 | by:ひさうじcomments(4)trackbacks(0) | -
    Comment
    すごい詳しいですね。びっくりしました (^^)

    秀吉はたぶん若い頃から何度死んでいても不思議がないくらいいろいろ無茶をやった人なので、立ち止まる事は部下の信頼を裏切る、または自分を否定するとか考えていたのかもしれませんね (^ ^;
    自分に従えている人たちは皆、自分より血筋の良い人たちばかりなので、内心恐かったのかもしれません (^ ^;

    長宗我部くんも後年はいろいろ不運の人でしたね (^ ^;
    彼が本州の関東あたりで生まれていたらどうなったのかも気になります。

    近年は戦国とか三国志がブームでしたけど、みんな美形でやってることが違うので、「おや?」とか思ってしまいます(笑
    • 2007
    • 2010/02/12 9:06 PM
    2007さん、おはようございます。
    最近の若者向けでは結構みんな美化されちゃってますからね〜。(源氏、三国志、幕末はもうかなり昔からか・・・。)
    私は渋い親父は大好き(笑)なんですが、最近の書籍等を見ると「違うだろ〜」ってものばかりですよね。

    長宗我部君は関東にいても結構やれそうです。でも名将と呼ばれる活躍が出来るかどうかは判りません。
    家康を因幡山名家当主、信玄を若狭武田家当主、秀吉を一条家当主、謙信を少弐家当主、信長を河内畠山家当主あたりでやらせてみたらどうでしょう?
    忠勝を肝付家家臣、清正を葛西家家臣、勝家を神保家家臣、幸村を三木(姉小路)家家臣あたりでやらせてみたらどうでしょう?
    それでも名将と呼ばれる活躍が出来るでしょうか?って思います。

    本人の力量もありますが、周りの状況が非常に大きいと考えます。国力、家臣の質(能力、協調性、忠誠度)と数、隣接する勢力との関係など・・・。

    逆に言うと、梵将、愚将と呼ばれる方も良い国に生まれていれば名将と呼ばれるチャンスがあったと思いますね・・・。

    現代でも生まれさえ恵まれれば、多額のお小遣いがもらえて、生まれながらにして素晴らしい生涯のレールが引かれるのですから(--;)。

    うーん。すみません駄文になりました。
    こういう話って始めると止められないたちでして・・・。<(^^;;)>
    ああ、引かないでくださーい。
    それはむかしでいうところの貴族ですね。
    トラップ男爵は貴族の地位にこだわらなかったなあ。
    • 広島県のT
    • 2010/02/15 9:38 PM
    貴族=特権階級と考えると、戦国大名とは微妙に異なるように思いますが、徳川将軍家などは貴族的な家柄となるように思いますね。

    トラップ男爵は貴族の地位というか、貴族的な生活や考え方に馴染んでいないようでしたね。それよりも子供達の父親としての立場を大切にしていたと思います。
    ただ、映画「サウンド・オブ・ミュージック」では父親としての立場より、男爵としての立場を優先しているように描かれていたように思います。








       
    Trackback
    この記事のトラックバックURL

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • サイトをリニューアルしました!
      久氏
    • サイトをリニューアルしました!
      3chan.
    • 久しぶりにサイトを更新しました。
      久氏
    • 久しぶりにサイトを更新しました。
      YUME
    • ついにボトムズ登場?!
      久氏
    • ついにボトムズ登場?!
      はぎ
    • 復活の呪文を唱えたのは・・・いつのことだったか・・・
      久氏
    • 復活の呪文を唱えたのは・・・いつのことだったか・・・
      YUME
    • 復活の呪文を唱えよ!
      久氏
    • 復活の呪文を唱えよ!
      広島県のT
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM